中国語翻訳

中国語の翻訳家の働き方について

中国語の翻訳家は様々な用途で使用されている中国語の文章を日本語に訳すというのが主な仕事です。中国語の文章を日本語に訳す仕事は自宅でも企業でも出来るのでライフスタイルも会社に務めて仕事をする形とフリーランスとして自分の生活スタイルに合わせて働く形になります。
会社で務めて仕事をする場合は社員という扱いになるのでサラリーマンを同じような感じで給料をもらう事が出来ます。また翻訳という仕事の手当がつく場合もあります。フリーランスとして自分の生活スタイルに合わせて働く場合は歩合制となるので、翻訳の仕事をした分だけ報酬という形でもらう事が出来ます。しかし案件の重要度によって単価が大幅に変わるので重要度の高い案件を受注して仕事をした方が報酬も多くなります。
翻訳家の仕事をしている人は会社に務めて仕事をしている人よりフリーランスとして自分の生活スタイルに合わせて仕事をしている方が多いです。フリーランスで中国語の翻訳の仕事をする場合は自宅で出来るので、通勤時間や会社での人間関係などを省く事が出来ます。そのため仕事に集中出来るというのは大きなメリットになります。しかし仕事を自分で受注しなければいけないので受注出来ないと収入が少なくなってしまうというデメリットもあります。

外国語が話せることと翻訳業の違い

国際結婚して中国に住んでいる30代の主婦です。こんな私が地元の人とお友達になったりすると、すぐに「翻訳の仕事などをしているんですか?」という風に聞かれることが頻繁にあります。私は一応、日本語に加えて中国語・英語が話せるのですが、だからといって翻訳家である、とは限りません。
翻訳業というのは本当に難しい仕事で、基本的には「訳した後の言語が自分にとっての一番ベースとなる言語(例えば母語)であるのが普通」と言われています。これは出版業・事務仕事などで実際に翻訳を経験された方に伺った話なのです。訳する前の原文についてはもちろん精通しなければいけないのですが、訳文として出来上がったものが読んでしっくりくるものになっていなければ、翻訳の意味はないということです。
確かに、ベストセラー外国文学が邦訳されても、さっぱり売れずに「迷訳」とされてしまい、原文を読むことのできるファンや愛読者から非難される、ということはよくあります。中国語など外国語における読解力に加え、訳後の母語などにおける文学的なセンスがないと、なかなかうまくいかないものです。英語や中国語が話せるからすぐに通訳・翻訳の仕事ができる、というのは全く間違った認識なのですね。

翻訳するにあたって大切なこと

翻訳には外国後から日本語へ、または日本語から外国語への2パターンがあります。大抵の場合、外国語から母国語への翻訳を得意とする人が多いです。ここでは中国語から日本語に翻訳する場合についてお話しします。
翻訳で大切なことは中国語が得意であることはもちろんですが、その前に正しい日本語を書けるかどうかの方に重きを置く場合が多いです。いくら中国語に長けていても日本語のボキャブラリーの使い方が間違っていたり、漢字に誤りがあったりするとせっかく訳しても正しい意味が伝わらない場合があります。
中国語を勉強することはもちろんですが、日ごろからいろいろな日本語の文献や書物を読んだり、テレビのニュースで話される日本語を聞いたりして、できるだけ正確できれいな日本語を習得するよう心がけることが重要です。また、翻訳は専門分野に関して依頼される場合が多いので、自分の得意分野を作ってそれを武器に仕事ができれば理想です。例えばIT関連分野、医療分野、法律分野など専門用語をたくさん使われるケースには、それぞれ特有の日本語の固有名詞を使っている場合があります。
そういう専門用語を知っていると、中国語で読んだ時に何を言っているのか正確に翻訳することができます。反対にそれを知らなければ、まったく翻訳として認められないケースもあります。何か得意分野を作ってそれを専門に翻訳家として仕事ができれば理想です。


自分の力だけでは解決できないときには中国語の翻訳をしてくれる業者に依頼するといいでしょう。コストもそれほどかからないので、効率の良い利用ができると思います。

最新情報

デスクワーク

英文を翻訳するということ

英語の文章を翻訳するということは、その文章に記載されている英語の内容を日本語にすることです。よほど英語力が高い人でないかぎり、書いてある英文を瞬時に日本語に変換することは難しいと思いますが、注意するべきことは、日本語と同様に、英語の単語もその状況や使い方によって意味が異なる場合が多々あることです。特に英語の中級者であると、英文が簡単そう…

もっと読む

女性

翻訳出来る方は感性豊か

外国の映画や小説は日本人の私達にとって英語で書かれている為、サッパリ解らないものとなっています。単語だけを観れば学校の授業でも習った記憶のある単語で意味も解るものなのですが、長文になるとまるでチンプンカンプンなものとなってしまいます。そんな英語が解らない方にとって強い味方となるのが翻訳された文章です。翻訳されていれば映画で登場人物が話している会…

もっと読む

新着ニュース

2016年12月02日
翻訳の仕事をしてみたいを更新しました。
2016年12月02日
翻訳家になるにはどうすれば?を更新しました。
2016年12月02日
翻訳出来る方は感性豊かを更新しました。
2016年12月02日
英文を翻訳するということを更新しました。